まだ見ぬ明日を

ライブレポートがメインのチラシ裏

SILENT SIREN 2018 夏のスペシャルワンマンライブ〜101編〜/〜19編〜 レポート

季節もすっかり秋めいてしまい、熱心な読者に早く書き上げろと圧力を掛けられているので、さっさと書いていきたいと思います。(2時間くらい掛けて書きました)

 

続きを読む

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018 ~SILENT SIREN~

簡単で良いから書こうと思っていましたが、だいぶ涼しくなってしまいしましたね。

夏のスペシャルワンマンライブも終わってしまい、そちらのレポートも書かなくては…

 

今年で5年連続参加になります。サイサイも5年目のRIJF

今年も全く夏らしくない天気で、涼しく過ごしやすい陽気。

 

どんより…

f:id:k0bakatsu:20180830004324j:plain

 

 

公式レポートはこちら

rockinon.com

 

セットリスト

0.ODOREmotion ※音合わせ
1.チェリボム
2.八月の夜
3.19 summer note.
4.ジャストミート
5.フジヤマディスコ
6.天下一品のテーマ
7.ぐるぐるワンダーランド
8.ビーサン

所感

サイサイ目当てでしたが、岡崎体育、ヤバT、大塚愛、fhana、そしてサザンと結構大きな収穫があった年でした。

 

んで、サイサイは、今年も2番目のキャパのLAKE STAGE!!

 

なんと、去年比+1曲でした。嬉しい。

ちょうどサイサイ始まる頃から段々日差しが出てきて、夏らしい天気になってきて、流石晴れバンドと思いました(笑)

 

内容的には、去年の方がいいセトリだったと感じました。

周りの反応みてもそんな感じ。

知っている人には盛り上がると思いますが、天下一品のテーマはないだろうと。

飲食店で出店しているならまだしも(会場で食べたい)…

StarmineやSodaなど組み込んだ方がいいのでは…

 

今年は、ぐるぐるワンダーランドでサークルモッシュがなかったですが、タオル回しながら友人らとぐるぐる回って楽しみました。

ワンマンでは絶対に出来ないし、フェスならではの楽しみ方。

 

来年は、LAKEのトリ(八月の夜を夜に聴きたい)、または、GRASSデビュー期待したいです。

 

ライブの内容とは関係ありませんが、今年から電子マネー(間接的にクレカが使える)が使えるようになったので、かなり便利になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

B.L.T. VOICE GIRLS Vol.35 斉藤朱夏に恋した季節。 舞台探訪(佐倉市・成田市)

B.L.T. VOICE GIRLS Vol.35が8/3に発売されましたね。

素晴らしい表紙とB.L.T. VOICE GIRLS節炸裂のキャッチコピーに思わず手に取った方も多いと思います(そんなことないって?)

 

prtimes.jp

表紙が公開されたとき、真っ先に思ったのが、非の打ち所がない最高に夏を感じる写真であり、「斉藤朱夏」という人物をストレートに表現していると。

 

で、オタクならば撮影地はどこだと思うのが自然です。

聖地巡礼したがるでしょ?

この週末に開催されたスクフェス感謝祭なんて行かず(チケットは買っていたけどステージ観覧は当たらなかったので)、発売日2日後には足を運んでいました。

 

佐倉ふるさと広場

オランダ風車があり、ひまわりもある公園なんてそう多くはないので特定は容易でした。

佐倉ふるさと広場 | 千葉県佐倉市公式ウェブサイト

 

 

駅からもそんな遠くもない上に、レンタサイクルもあるので公共交通機関だけでも訪れることが出来ます。

 

ただ、8月頭に開催される花火大会のために7月中旬でひまわりは刈り取られていますのでご注意を。なので、今行ってもひまわり畑はありません。

私が訪れた時点でちょうど前日に開催されたみたいで、後片付けをしている最中でした。

 

そんな訳で、ひまわりが全くなかったので、ぴったり合う位置が分からなかったので、大まかな位置で撮影してきました。

実際に足を運んでみると、Googleストリートビューでは分からないことがあるもんですね(あらかじめアタリを付けていたところが全然違っていたw)

f:id:k0bakatsu:20180806233245j:plain

表紙

f:id:k0bakatsu:20180806233216j:plain

P.018

f:id:k0bakatsu:20180806233240j:plain

P.020下段

f:id:k0bakatsu:20180806233248j:plain

P.021

 

 

古民家空間「風楽」

佐倉ふるさと広場からは結構距離があります。

古民家がくせ者で特定に時間が掛かりましたが、カーブミラーより成田市ということが分かり、特定に至りました。

貸しスタジオとしても使われていることも分かったので、間違いないと。

というか、お店の方にB.L.T.を見せて確認してもらいました。

f:id:k0bakatsu:20180806235910j:plain

古民家空間「風楽」

成田の自然食レストラン 古民家空間「風楽」(ふら)


 

 

こちらは公共交通機関でも行けなくなくはないですが、勝手が良くないようなので下調べしてから訪れることをオススメします。

 

あと、営業日・時間がやや特殊なので注意です。

●営業日

毎週金・土・日・祝日
それ以外の日は5名様以上でご予約ください。

●営業時間
午前11時から午後3時まで
お時間が合わない方はあらかじめご連絡くだされば対応させていただきます。

 

古民家へ訪れる前の小道にて。

めっちゃのどかですw稲穂もだいぶ黄金色になってきたなぁ。

f:id:k0bakatsu:20180806235730j:plain

P.007

f:id:k0bakatsu:20180806235654j:plain

P.009下段

ここから風楽さん。

f:id:k0bakatsu:20180806235904j:plain

P.010

f:id:k0bakatsu:20180806235853j:plain

P.011

f:id:k0bakatsu:20180806235758j:plain

P.012

f:id:k0bakatsu:20180807000855j:plain

P.016

f:id:k0bakatsu:20180807001015j:plain

P.017

f:id:k0bakatsu:20180806235824j:plain

オフショット

 

f:id:k0bakatsu:20180807001236j:plain

カレーセット(1050円)

デザート、コーヒー付き。久々に身体にいいものを食べた気がします。

辛いのは好きですが、結構辛くて驚きました。

日替わりランチが1400円だったかな…メニューも撮っておけば良かった。

まぁ、オタク男子が1人で来るところではないですね( ˘ω˘)スヤァ

 


斉藤朱夏に恋をするなら、この夏だ。

B.L.T. VOICE GIRLSさんのライターさん、毎回凄いワード浮かんでくるなぁと思いますw尊敬します。

今回のこの特集、本当に正統派”夏”であり、斉藤朱夏さんの魅力を120%引き出していると思うんですよ。

いつもB.L.T. VGで連載を持っているということもあって、信頼関係がしっかり築き上げられて、他のメディアより断然良いポートレートに仕上がっているんですがね。

東京ニュース通信社には感謝の言葉しかありません。

 

ひまわり畑こそ見られませんが、実際に風車や田園、古民家と足を運んでみて、純粋に夏を感じ、「斉藤朱夏に恋した季節。」を体感出来ました。

来年は、7月中に訪れたいと思います。

 

彼女の「今年の夏はすごいですよ!一生忘れられない夏です!」という言葉が頼もしくて、これからの夏が楽しみで仕方ありませんね(サイン会の当落は忘れておく…)

 

余談

 

天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 ~"Girls will be Bears"TOUR~@豊洲② レポート

ツアー5ヵ所目。

気がつけば沖縄公演も終わっていましたね。

 

いつもの”Twitterで”大変仲良く”して頂いているサイファミさん”と連番ではなかったのですが、福岡お土産を渡したり、言いたいことがあったので、事前に会うことになっていました。

いつも会場に着くとすぐ会えるの何なんですかね…

 

概要

場所:豊洲PIT
日時:2018/07/14 (土) 会場:17:00 開演:18:00
出演:SILENT SIREN

 

f:id:k0bakatsu:20180729215335j:plain

 

f:id:k0bakatsu:20180729215412j:plain


セットリスト

01.merry-go-round
02.KNiFE
03.八月の夜
04.パパヤパヤパ
05.天下一品のテーマ
06.女子校戦争
07.DanceMusiQ
08.milk boy
09.さくら咲く青い春
10.Love Balloon
11.さよなら日比谷
12.AKANE
13.Pandora
14.Kaleidoscope
15.ODOREmotion
16.チェリボム
17.ジャストミート
18.フジヤマディスコ
EN1.19 summer note.
EN2.KAKUMEI
EN3.ビーサン

 

KAKUMEIは、このツアーで初めて聴きました。


所感

今回のツアーは、全32公演中5公演参加になりました。

ほぼ月一参加くらいが色々と無理がなくて丁度いいかな。

近場ばかりだったので、もうちょっと遠征を含めても良かったかなと反省。

季節も春から夏へと移り変わり、15初夏ツアーやSツアーを彷彿させる感じでした。

 

序盤→サイサイコーナーまでのセトリの流れは完璧でしたね。

後半ももうちょっとパンチが欲しいですが。前半と比べると。

ライブハウスでのDanceMusiQの一体感を本当に楽しいし、初めてサイサイのライブもライブハウスだったし、一番しっくりくる安心感。

 

さて、次は、ロッキンですかね。

今年は猛暑なので、去年みたいな快適さが望み薄…

 

~終演後~

 

今思うと、ライブの話はほとんどしないで、クソリプや政治の話をしていたのはよく分からなかったです。

また来月会う上に、連番です。

一体どうなるのか…

 

 

天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 ~"Girls will be Bears"TOUR~@宇都宮 レポート

ツアー4ヵ所目。

豊洲の記事書く前に宇都宮をすっ飛ばすのは気持ち悪いので、1ヶ月以上経っての記事作成になります。

 

宇都宮はお隣なので、ツアーに含まれるとほぼ参加しています。

しかしながら、チケット取っていたのを完全に忘れていました(笑)

 

前述した通り、何度も宇都宮には来ていますが、この箱はお初でした。

地方のライブって感じで、ドリンクカウンターが箱の中にあるくらい小規模で意外だと思いました。(水戸ライトハウスですら外にあったので)

 

概要

場所:HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2
日時:2018/06/02 (土) 会場:17:00 開演:18:00
出演:SILENT SIREN

f:id:k0bakatsu:20180724015126j:plain


セットリスト

01.merry-go-round
02.KNiFE
03.八月の夜
04.パパヤパヤパ
05.天下一品のテーマ
06.チャイナキッス
07.DanceMusiQ
08.吉田さん
09.さくら咲く青い春
10.Love Balloon
11.さよなら日比谷
12.AKANE
13.Pandora
14.Kaleidoscope
15.ODOREmotion
16.チェリボム
17.ジャストミート
18.フジヤマディスコ
EN1.19 summer note.
EN2.ぐるぐるワンダーランド
EN3.ビーサン

 

多分これで合っているはず…


所感

日が経ってしまったので、細かなことは書きませんが(書けない)

「チャイナキッス」は餃子の街だからのチョイス?

「19 summer note.」が初登場!

明らかな故意なモッシュが見受けられ不快でしたね…

ある程度のモッシュならば全然気にしないですが、ぶつかりにいって空間を作るみたいなのはやめて欲しいと思いました。

 

↑苺の品種当てクイズ

 

 

ps://twitter.com/staffsaisai/status/1002892974571675655https://twitter.com/staffsaisai/status/1002892974571675655https://twitter.com/staffsaisai/status/1002892974571675655 https://twitter.com/staffsaisai/status/1002892974571675655

 https://twitter.com/hinanchu_twtr/status/1002866901972742145

 

 

www.youtube.com

 

 

https://twitter.com/staffsaisai/status/1002892974571675655

 

待望の『Aqours 3rd LoveLive! Tour~WONDERFUL STORIES~』開幕 埼玉公演 レポート

あっという間に埼玉公演から1週間経ち、今週は大阪公演です。

月曜日は思い出して仕事中泣きそうになっていましたw

それくらい良かったんです(語彙力)

結構直前までチケットがなくて、参加する実感無かったんですが、本当に両日参加できて良かったと思います。

感謝の言葉しかないです。

 

レポートと名乗っていますが、ただの感想です。(いつもですが)

書いても視点が局所的なので、信用ならないですねw

 

f:id:k0bakatsu:20180616024011j:plain

 

今回もフラスタというより@kyamio_llcさん主催のバルスタ企画しました。

かなりクォリティの高いバルスタに仕上がっていました。

猛暑で痛んでいた上に、自分で撮った写真が終演後に撮ったためブレブレw

ameblo.jp

f:id:k0bakatsu:20180616025421j:plain

f:id:k0bakatsu:20180616025434j:plain

f:id:k0bakatsu:20180616025459j:plain

いつも朱夏ママさんのフラスタ企画凄いw

朱夏はみんなに会えるのを楽しみにしているよ♥

素敵な時間を過ごせますように」

とメッセージが添えられています。

本当にそうなんです、斉藤朱夏さんの笑顔に何度も会いたくなる。

概要

場所:メットライフドーム
日時:2018/06/9 (土) 会場:15:00 開演:17:00

         2018/06/10 (日) 会場:15:00 開演:17:00
出演:Aqours

伊波杏樹高海千歌役)、逢田梨香子桜内梨子役)、諏訪ななか松浦果南役)、
小宮有紗黒澤ダイヤ役)、斉藤朱夏(渡辺 曜役)、小林愛香津島善子役)、
高槻かなこ国木田花丸役)、鈴木愛奈小原鞠莉役)、降幡 愛(黒澤ルビィ役)

 

セットリスト

01.未来の僕らは知ってるよ
02.君の瞳を巡る冒険
03.“MY LIST” to you!
04.MY 舞☆TONIGHT
05.君のこころは輝いてるかい?
06.MIRACLE WAVE
07.[Day1]One More Sunshine Story / 高海千歌 / [Day2]Beginner’s Sailing / 渡辺曜
08.[Day1]おやすみなさん! / 国木田花丸 / [Day2]RED GEM WINK / 黒澤ルビィ
09.[Day1]in this unstable world / 津島善子 / [Day2]WHITE FIRST LOV / 黒澤ダイヤ
10.[Day1]Pianoforte Monologue / 桜内梨子 / [Day2]New winding road / 小原鞠莉

[Day2]11.さかなかなんだか? / 松浦果南
11.空も心も晴れるから
12.SKY JOURNEY
13.恋になりたいAQUARIUM
14.Awaken the power / Saint Aqours Snow
15.WATER BLUE NEW WORLD
16.青空Jumping Heart
EN1.Landing action Yeah!!
EN2.勇気はどこに?君の胸に!
EN3.WONDERFUL STORIES

 

ソロ曲の披露は安易に予想がついていましたが、4曲(1~3巻)・5曲(4巻~6巻)で分けてきましたね。2日目の方がお得!?

 

所感

今回のツアーは大きく3点の見どころがあったと感じました(現時点)

①MIRACLE WAVE

東海地区予選で披露された曲で、センターは高海千歌。サビ前に千歌がロンダートとバク転を行う振り付けは、1年生の時の果南が考えた設定となっており、その成功の是非が第6話のストーリーの中核を担っている。しかし、ロンダートとバク転はケガのリスクがある大技であったが、千歌役の伊波杏樹が実際に3rdライブで実行し、見事成功を収めた。

 

綺麗にまとまっていたので、某所から引用しました。

逢田梨香子さんがピアノを披露したことを勘定するとやってくるだろうと思っていましたが、実際しっかりとその光景を目の当たりにすると驚くばかりです。

歌い終わった後の暗転で9人が抱き合っているシーンは、感動モノでした。(早くもここで泣く)

2日目は、着地がよろけてしまい、相当悔しがっていましたが、それでも上出来ですよ。

笑顔で悔しいって言えるのはそれだけ自信があった(前日は成功しただけに)故の発言だったと思いました。

②ソロ曲初披露からのソロ活動のビジョン

高槻かなこさん、小林愛香さん、鈴木愛奈さん、この3人の歌唱力はお墨付きなので、納得のパフォーマンスでうなずくばかりでした。

 

 これ分かってくれないかなぁw

 

特筆べきところは、斉藤朱夏さん(ひいき目)

ステージ上には斉藤朱夏さんしかいなくて、会場がライトブルー一色、見ている光景が現実なのか分からなかった…

でも、夢じゃない!

彼女は堂々と歌っててすごく楽しそうにしていた。

いやもう泣ける。泣くような曲じゃないけど。

いやーあのー、簡単に言うとあの場を支配していましたね。

結構言っている人もいましたが、ソロデビューのビジョンが垣間見えて、嬉しいような寂しいような感情になりました。

 

③Saint Aqours Snow

ユニットライブでは披露するのかと思いきや披露されなかった曲。

そもそもユニットライブは、あくまでユニットでAqoursという名称が一言も出ていない徹底ぶりでしたから。

それだけに盛り上がり具合は異常でしたw

この感じ、μ'sのノーブラに近いものがあります。

降幡愛さん、常に己と対峙して、自分が演じるキャラと向き合って、向上心の化け物で体の大きさ以上にビッグな方だとあの涙を見てそう思いました。

 

Aqoursの衣装チェンジの繋ぎに長めのSaint SnowのMCがあるのですが、やっぱりアサミンとひなひなのMCは相性が良くて、本当の姉妹みたいで良いですね。。。

 

総括

Aqoursのイベント参加がほとんどがLVなので、カメラワークのこだわりには早々に気付いていましたが、今回のツアーでもそれを現地でも感じ取れて、妥協がないことを実感しました。

 

高槻かなこさんが最後のMCで言っていた「ときめきの煌めき」って言う言葉、この作品にぴったりで本当に良いこと言うなぁと思いました。

 

斉藤朱夏さんが今日一番楽しんだのは私と言っていましたが、真面目に、演者側が1番楽しめたって胸を張って言えることは大事な事で、じゃないとこっちも楽しくないからね。
それをさらりと言えちゃう斉藤朱夏さんのそういうところ好きだし、魅力の1つだと思います。

 

Aqoursちゃんに不可能なことはないと確信した公演でした…
僕たちの期待以上のパフォーマンスしてくるモンスターユニット
自分たちの輝きを手に入れたAqoursは無敵なのです。

 

埼玉でこんなのを見せつけられたら、大阪も福岡も楽しみで仕方ないですね。

それでは。

 

spice.eplus.jp 

 

おサイフケータイ アプリの通知がちらつく

最近の更新がきっかけなのかステータスバーでおサイフケータイのアイコンが大暴れしてて目障りで仕方ない。

通知のログが以下の通り。端末Xperia XZ

f:id:k0bakatsu:20180608012731p:plain

何じゃこりゃ・・・

アプリのレビューでこの症状が報告されていました。

 

ログからアプリ名が「モバイルFeliCaクライアント」ということが分かったので、探してみるもののいないので、

アプリと通知>アプリ情報>システムを表示

システムにいました。

f:id:k0bakatsu:20180608012748p:plain

 

はい、これでステータスバーが平和になりましたとさ。

わざわざ記事書くことでもないですが、以上。