読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ見ぬ明日を

ライブレポートがメインのチラシ裏

ゆいかおり活動休止について思うこと

年度末の唐突な発表に驚きました…

冬のツアーが終わって、これからの活動が益々楽しみだと感じたばかりなのに。

いや、確かに新情報がなく、最悪の想定で考えていましたが…

というか唯ちゃんばかりプッシュしている状態でしたし…

 

www.yuikaori.info

natalie.mu

 

ゆいかおりの魅力

思っていることを語る前に、ゆいかおりの魅力から。

f:id:k0bakatsu:20170401031234j:plain

①可愛い!

言わずもがな。

キュートな小倉唯ちゃん。

ポンコツ可愛い石原夏織ちゃん。

②歌って踊れる!

ちゃんと歌って、踊れるユニットは声優はもちろん、アイドルでも数少ないと思います。

2人とも若いですが、意外とキャリアは長く、圧倒的なパフォーマンスを秘めています。

③仲良しな2人!

公の場でも平気でいちゃついて、オタクを殺しに掛かってくる(見ているだけで幸せです。もっとやれ。)

 

とりあえず、ライブ映像観てみて!!!!

一ファンとして思うこと

ここから本題。

まずは、書き出しの

ゆいかおりは個々の活動のさらなる飛躍のため

ちょっと言っていることが分からないですね(すっとぼけ)

ゆいかおりの活動休止をすることで、これからの活動のためになると到底思えません。

武道館公演後に放送されたスカパー!の特集番組で「日本武道館で終わりじゃない」「一緒に新しい未来を作っていきたい」と明言していますし、2人の意見で活動を休止することを決めたとは思えません。

 

f:id:k0bakatsu:20170401023152j:plain

f:id:k0bakatsu:20170401023250j:plain

武道館公演後から先日の代々木公演の間で心境が変わったのかも知れないですが、それはないと信じたい。

あと、ゆいかおりの活動を通して、切磋琢磨できると僕は思いますけど。

2人の声明からも「個々の活動のさらなる飛躍のため」関する言及がないのが、複雑な大人の事情が伝わってきます。

何か新しいことにチャレンジしたいとか本人の意向ならファンは納得するしかありませんが、そんなことではなさそう。

活動休止に納得したという感じもしないんですよね…

 

ゆいかおりは、小倉唯石原夏織でなければならないし、どちらか欠けてもならない存在なのです(そりゃそうだろ)

僕は、夏織ちゃんのファンであり、特別に小倉唯ちゃんのファンではないですが、夏織ちゃんのそばには小倉唯ちゃんがいなくてはならないし、一緒にいることで魅力が何乗にも増していくのがゆいかおりだと思っています。

夏織ちゃんもソロデビューすれば気が済むでしょ?って思うかも知れないけど、そういうことじゃないんですよ( ;゚皿゚)ノシΣバンバン!!

 

活動休止というあいまいな表現しないで、キッパリ解散と言えばいいものの、これでは生殺しです。

6/30までちょっとだけ猶予はありますが、彼女達の最後の場を設けてもらえないのでしょうかね?そうか、休止だからしなくてもいいという判断でしょうか?

活動再開が確約された活動休止予定のスフィアとは心の持ちようが大違いです。

今年の冬ツアーは、行けるところは全部参加して(大阪公演以外)、本当に良かったと結果論ですがそう思いました。

「いつまでもあると思うな親と金」とは言いますが、まさにこのことです。

いい教訓になりましたね。

 

活動休止理由は、収益にならないとかそう言ったことが大きな理由なんでしょうが、まだまだ伸びしろがあるユニットを育ていくのがレコード会社の役目ではないのでしょうか?

そこらにいるオタクより見る目がないのでは(煽り)

キンレコに喧嘩売ったところでどうにもならないので程々にして…

 

本当に終わりは突然にやってくるだな…

ただ今の心境は、これからも声優ユニットの最前線を駆け抜けていくと信じていたのに、裏切られる結果になってしまい、ファンとして悔しいです。

まだ第一報が出たばかりですし、曲を聴いたり、過去のライブ映像を観たりして、ちょっと一旦冷静になってみます。

それでは。